仕事で「気が利かない」と言われる人が気が利く人になる為の「3つのコツ」を教えます。

2020年5月29日

パクリOK

この記事はGoogleアドセンス申請合格した記事です。

 

お前は気が利かないと先輩や上司によく言われます。
どうすればいいのか分かりません。

 

仕事ができる人とは気が利く人だと思います。

仕事を一緒にする上でもっとも大事な要素です。

 

頭の良い人や手先が器用な人など色々な人がいますが、一緒に仕事をしていて一番やり易い相手は気が利く人です。

 

気が利く人とは

気が利く人とは相手の考えを理解し先読みできる技術です。

 

この記事を読んだ後は気が利く人になれますので

最後までよろしくお願いいたします。

 

相手のことを考える

頭が良くて、手先が器用でもコミュケーションが取れなければ仕事は上手くいきません。

自分のタスクはこなしているかもしれませんがチームとしては全く機能しません。

そればかりか先輩や上司と思う事が違えば「お前は何をやっているんだ」なんてこともあります。

自分本意ではチームは機能しません。

常に相手の事を考えて行動することです。

また、先輩上司がやっている仕事は自分には関係ない事だと思っていませんか?

「何か手伝います」この一言であなたへの見る目が変わってきます。

先輩や上司の仕事のサポートをすることで、その仕事を覚えられるチャンスにもなります。

 

相手の事を尊重する

相手の立場や考えを理解し尊敬しましょう。

人に対して優しくしようとか、親切にしようとかではありません。

それが優先になると「自分はこれだけ人に親切に接しているのに見返りがないじゃないか」なんて事にもなりかねません。

また優しさや親切が行き過ぎるとそれは「お節介」となり「気が利かないやつ」になります。

優しさや親切というのは後からついてくる言葉ですね。

 

先読みする

人に信頼されている先輩や上司はいませんか?

人に信頼される人達は、無駄な仕事をしませんし無駄な仕事をさせません。

それは常に先を読んで仕事をしているからです。というよりも仕事をする前に明確なビジョンが見えているからです。

あるプロジェクトが終わった後に気づくことがありませんか?あの時の「あれ」はこの時のためにやっていた事だったんだ、とかないですか?

仕事ができると言われる人達は常に先のことを考えて仕事をしています。

 

気が利く人になるには

  • 相手の事を考える

相手の事を考えるようになると、相手が次にどのような行動をするのか相手が何を求めているのかが分かってくる

  • 相手の事を尊重する

相手の事を尊重すると、自分勝手な行動をすることがなくなり周りが見えるようになる

  • 先を読む

先を読むようになると、仕事に必要な段取りや物事がわかるようになる

 

この3つができるようになると「気が利くなあ」となります。

気が利く人=仕事ができる=誰からもモテる

それでは気が利く人になれるように頑張って下さい!

-グーグルアドセンス申請合格記事

Copyright© ryublog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.